過去相談して「インプラントが出来ない」と言われた方。歯科医院選びで悩んでいる方へ最新の情報を配信しています。
インプラントtの年齢制限

インプラントを受けるのに年齢制限はあるのか?

インプラントを受けるのに年齢制限はある?

インプラント治療を受けるのには、基本的に年齢制限というものはありません。そのため大分県の歯科医院の医師が治療可能であると判断すれば、誰でもインプラント治療を受けることができます。しかし、歯並びの状態や顎の骨の発育状況を考えて、一般的に顎の骨の成長が終わる20歳前後から治療をおこなうことが良いとされています。若すぎる場合は、歯の生え代わりや顎の成長によって、埋入したインプラントの位置がズレてしまったり、インプラントが他の歯の当たってしまい歯並びが悪くなってしまう可能性があり、インプラントが正常に機能しなくなるからです。こういった歯並びや顎の発達を考慮するという意味では、インプラントには年齢的な制限はあるともいえます。

また、年齢の上限ですが、インプラント治療は手術を伴う治療法であることから、身体的・精神的に負担がかかってしまいます。しかし、高齢の方でも健康状態が良好で、大きな持病もなく、顎の骨にも異常がなく、インプラント治療手術をおこなうだけの体力がある方は、精密検査をおこない歯科医師の治療可能の判断を得れば、何歳でもインプラント治療を受けることができるため、年齢の上限はありません。

年齢以外でインプラント治療が制限される理由

インプラント治療では、基本的に歯並びの状態や顎の骨の発育が終わる20歳前後からであれば、治療を受けることができますが、顎の骨の厚みや幅、深さなどが足りないといった骨の状態が悪い場合は、インプラント治療を受けられないことがあります。骨の状態が悪いと、人工歯根であるインプラント体そのものが、骨に埋入できませんし、場合によってはインプラント体が顎の骨を突き破ってしまうといった、治療のトラブルの原因にもなってしまう危険性があるのです。また、骨粗鬆症などによる骨密度の不足により、インプラント体を埋入めしてもすぐに外れてしまう場合があります。これはインプラント体と骨がしっかりと結合するオッセオインテグレーション(骨結合)が正常におこなわれないためです。また、重症度の高い高血圧症や糖尿病、心疾患などを持病としてお持ちの方も、病気の症状によってはインプラント治療が受けられないことがあります。年齢的な制限ではなく、顎の骨の健康状態や全身疾患の有無によって、インプラント治療が受けられるかどうかが変わってくるのです。

基本的にインプラントの治療を受けられない疾患

インプラントの治療を受けられないケースとして、以下の症状が挙げられます。これらの疾患は症状の改善や治療によって、インプラント手術が受けられる場合もあります。

歯周病

歯周病で歯を失っている場合、口腔内に歯周病菌は潜伏しています。そのため、治療中にインプラント体を埋入した歯茎が歯周病になってしまい、インプラント体の周りの骨を溶かしてしまうことで、骨との結合がうまくいかなかったり、治療後にインプラント周囲炎になってしまい、インプラントが脱落してしまう危険性もあります。そのため、歯周病を治療していない方は、インプラント治療前に優先的に治療をおこないます。また、歯周病を予防するためにも、口腔内を清潔に保つことが重要です。

重度の糖尿病

重度の糖尿病は、免疫力の低下から歯周病を引き起こしたり、傷口の治癒が遅れたり、インプラント体と骨が結合しにくくなることがあります。この場合、症状が改善し、ご自身での血糖コントロールをおこなうことができれば、治療が受けられる場合があります。詳しくはかかりつけの主治医と相談しましょう。

循環器系疾患

高血圧・心筋梗塞・脳梗塞などの循環器系の疾患は、治療のための投薬がインプラント手術のトラブルの原因となってしまう場合もあるため、インプラントの治療をおこなうことが難しいといわれています。かかりつけの主治医と相談して治療が可能かどうか相談してください。

放射線治療後や治療中

癌などの悪性腫瘍の治療で放射線治療をおこなっている場合は、基本的にインプラントは受けることができません。

血液系の疾患

血友病などの既往がある方や出血しやすく止まりにくい方などは、外科手術が禁忌とされているため、外科手術を伴うインプラント治療は受けることができません。

骨粗鬆症

骨粗鬆症の治療で「ビスフォスフォネート製剤」を使用している場合は、基本的にインプラントの治療を受けることができません。かかりつけの主治医と歯科医師との判断によって治療をおこなうかどうかを決めます。

高齢者のインプラント治療について

インプラント治療を受ける年齢というと、歯を失うリスクが高齢になるほど高くなることから、比較的高齢のイメージが強いです。しかし、インプラント治療には外科処置が伴うため、高齢者は受けられないかもしれないと不安を感じている方もいらっしゃいます。年齢を重ねるごとに、口腔内だけでなく身体全身にも様々な不具合が生じてくるため、適用可能な治療が限られていきます。その中で、インプラント治療は高齢というだけで治療が受けられないということはないため、口腔内や顎の骨の状態、全身の健康状態が安定していれば、例え高齢の方であってもインプラント治療が制限されることはないのです。

まとめ

このように、インプラント治療には基本的な年齢制限はありませんが、若すぎる場合や高齢すぎる場合は、インプラント治療をおこなうことが難しい場合がありますので、まず大分県の歯科医院を受診することをお勧めいたします。事前のカウンセリングで、治療が可能かどうかを歯科医師に聞いてみましょう。

インプラントtの年齢制限
最新情報をチェックしよう!

大分インプラント情報の最新記事8件