過去相談して「インプラントが出来ない」と言われた方。歯科医院選びで悩んでいる方へ最新の情報を配信しています。
大分県のインプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、体内に埋め込んで使用される医療機器や材料の総称です。
体内に埋め込んで使用される心臓のペースメーカーや人工関節、美容目的のシリコン材料も全てインプラントです。
これからご案内するインプラントは、正確には歯科インプラント(デンタルインプラント)と呼称されますが、一般的には歯科インプラント=インプラントと用いられています。よって、以下では歯科インプラントの事をインプラントを表記させていただきます。
今までの歯を失った場合の治療方法は入れ歯やブリッジを用いてきましたが、近年第3の治療法として注目されているのがインプラント治療です。
インプラント治療について詳しくご説明致します。

インプラントの歴史

日本では近年インプラントが広く知られるようになりましたが、インプラント治療の歴史は意外にも古く、紀元3世紀ごろのローマ時代の人骨に鉄製のインプラント、中南米では紀元7世紀頃の人骨に貝で作られたインプラントが施されているのが発見されています。
ですが確実な治療法となったのは比較的最近です。
1952年にチタンを骨に埋め込むと骨と結合するという現象をスウェーデンのブローネマルクらが発見し、1965年にチタン製のスクリュータイプ(ネジのような形状)のインプラントを用いた症例を報告しました。
その後優れた臨床成績を元に世界中でインプラントが承認され、使用される事となりました。
日本では1983年にインプラント治療が開始されています。

インプラントの仕組み

インプラントは基本的に次の3つのパーツを組み合わせて使用されます。

  1. 顎骨の中に埋め込まれる歯根部(インプラント体)
  2. インプラント体の上に取り付ける支台部(アバットメント)
  3. 歯の部分になる人工歯(上部構造)

それぞれ材質は異なり、インプラント体はチタンまたはチタン合金、アバットメントはチタン、チタン合金、ジルコニアなど、上部構造はレジン(プラスチック)、セラミック(陶器)、金合金、ハイブリッドセラミック(レジンとセラミックを混ぜたもの)などがあります。

チタンを多用する理由として、骨と結合する特性以外に、咬合力(強く咬む力)に耐えられる強度があり、金属アレルギーが起きにくいという点があります。インプラント部を骨の結合を早くするためにインプラント部の表面を様々に改変したものも用いられています。
インプラント体の形状はスクリュータイプが主流ですが、他にシリンダータイプといったものもあります。

インプラントのメリット・デメリット

歯を失ったときに行われる治療として、入れ歯やブリッジ、インプラントの選択がありますが、どの治療法にもメリット・デメリットがあります。
ここではインプラント治療をするにあたってのメリット・デメリットをご紹介します。
まずメリットとして、健康な歯を削る必要がないという事です。残っている歯はそのままに失った歯のみを治療することができます。
次に入れ歯よりも咀嚼能力(噛む力)に優れているという事。
歯を失って咀嚼による刺激が骨に伝わらなくなると、骨は少しずつ痩せてしまいます。インプラントは入れ歯やブリッジと違い歯だけではなく歯根も取り戻せる為、骨に刺激が伝わり、骨が痩せるのを防ぐというメリットがあります。
さらに自分の歯に近い機能や審美性(見た目)の回復が可能であるという点では、近年注目されている部分であり、その要望に応えられる治療法であると言えます。
デメリットとしては、一般的な治療法として注目されていますが、保険が適用されないので高額になりがちです。
しかし最近外傷や腫瘍等の病気で顎骨を失った場合や、その部位に骨移植を行った場合、先天的に歯や顎骨を欠損している場合に限ってですが、インプラント治療に健康保険が適用されることになりました。
インプラント部を顎の骨に埋入する手術が必要ですので、治療期間も入れ歯やブリッジよりも長くなります。
インプラント治療後、人工歯は虫歯にはなりませんが、インプラント周囲炎(歯周病のようなもの)や、インプラント機能の維持の為、定期的なメンテナンスが必要となります。ですが定期的なメンテナンスの必要性においては、入れ歯もブリッジも同様と言えます。
治療後一年は1ヶ月・3ヵ月・半年というように細かなメンテナンスを必要としますが、1年以降は特に問題がなければ年に1回のメンテナンスというように落ち着いていきます。

インプラント手術においての注意点

インプラント手術を受けるにあたって、手術には麻酔を使用しますので、高血圧症や心臓疾患などの循環器疾患、喘息などの呼吸器疾患、糖尿病や骨粗しょう症、腎臓や肝臓の機能障害がある場合には注意が必要となります。

インプラント治療をする医師のみではなく、持病を治療している医師にもインプラント手術が可能かどうかよく相談する必要があります。
また、現在服用中の薬によってはインプラント治療が適さないこともありますので、治療をする医師に服用中の薬剤名を正確に答えていただく必要があります。
おくすり手帳をお持ちの方は、治療のご相談時におくすり手帳をお持ちになられると良いでしょう。
すでに歯周病の診断を受けている方や、現在喫煙中の方は治療を受ける事は可能ですが、治療後のインプラント残存率(寿命)が短い事が報告されていますので、手術を受ける前にまず歯周病の治療や、喫煙されている方は減煙または禁煙をしてから、インプラント治療を受ける事をお勧めします。

大分県のインプラントとは
最新情報をチェックしよう!