過去相談して「インプラントが出来ない」と言われた方。歯科医院選びで悩んでいる方へ最新の情報を配信しています。
歯科の衛生面

気になる歯科の衛生面

歯科医院がどの程度の衛生管理をおこなっているのかは、患者さんには分かりません。インプラント治療は、歯茎を切開して、顎の骨にインプラント体を埋入する外科手術を伴うため、衛生面の徹底が必要です。もしも手術中に細菌に感染してしまうと、傷口の治癒が遅くなるだけでなく、インプラント体が顎の骨と結合しにくくなってしまったり、インプラント治療後にインプラントの脱落などのトラブルの原因にもなってしまいます。インプラント治療を安全におこなうためにも、歯科医院の衛生面の管理がとても重要なのです。

徹底された歯科医院の衛生管理

専用の手術室の完備

インプラント治療は手術を伴うため、完全な滅菌状態での手術が必要になります。そのため、大分県の医院によっても異なりますが、消毒を施した手術専用の個室で治療をおこなっている医院もあります。インプラント治療は、高度な外科処置であるため、衛生的な環境下での治療が重要なのです。

院内の衛生的な環境

歯科医院では、院内に歯や仮歯を削った粉塵などの、目に見えないゴミが舞いがちです。特に患者さんが多い待合室などは、風邪などのウイルスによる院内感染の危険性もあります。そのため、高性能な空気清浄機などを導入することで院内の空気を清潔に保つことで、安心できる快適な院内環境をつくっています。大分県の医院によっては、完全個室の治療室を完備するなど、衛生面以外にもプライバシー面でも安心した治療をおこなえる環境を作っています。

使い捨てできるのは毎回交換する

インプラント治療は、手術などによる出血を伴うことから、院内感染の原因になることも考えられます。そのため、患者さんが使用するコップやエプロンなどの使い捨てできるのは、毎回交換することで常に清潔なものを提供しています。また、患者さんの口内を触るごとに手袋を毎回交換することで衛生面の徹底をおこなっている医院もあります。

器具や機器の滅菌

治療に使用する器具は、しっかと消毒された後、医療用のオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)という滅菌器を使用して完全滅菌することで、器具は常に清潔な状態を保たれています。また大分県では、口腔内で使用するタービンやエンジンなどを滅菌するための専用の機械を導入している医院もあり、タービンやエンジンの使いまわしは一切せずに感染予防の徹底をおこなっています。

落ちにくい汚れは超音波洗浄機を使用

完全な滅菌消毒をおこなうために、血液の付着など落ちにくい汚れがある場合は、超音波洗浄機でキレイに洗浄してから滅菌行程に入ります。このような手間をかけることが、安心の環境を提供することに繋がります。また、患者さんの治療に使う器具は全て個別にパックし、滅菌処理をおこない、治療を開始する直前に患者さんの前で開封することで、滅菌状態が完全に保たれた状態で治療をおこなっています。

歯科の衛生面
最新情報をチェックしよう!

大分インプラント情報の最新記事8件