過去相談して「インプラントが出来ない」と言われた方。歯科医院選びで悩んでいる方へ最新の情報を配信しています。
インプラントのメリット

インプラントのメリット

急な事故や怪我、虫歯や歯周病によって失ってしまった歯を補うための治療法として、インプラント治療があります。インプラントは、歯を補う他の治療法である、入れ歯治療やブリッジ治療とは違い、保険適用外治療(自由診療)となるため、費用が高額になってしまいます。また歯茎を切開して、顎の骨にインプラント体を埋入する外科手術が必要となるため、経済的、身体的に負担がかかってしまう治療法ですが、インプラントは様々なメリットがある治療法でもあるのです。そんなインプラント治療のメリットをご説明いたします。

インプラントのメリット

天然の歯のように噛むことができる

インプラントは、インプラント体が顎の骨と強く結合しているため、天然の歯と同じくらいの力で噛むことができます。そのため、どんな食べ物でも制限なく食べることが可能なため、毎日の食事を楽しむことができます。

健康な歯を削る必要がない(残っている歯を守る)

インプラントは基本的に1本1本が独立しているため、同じ失った歯の補填治療のブリッジ治療のように、隣接する健康な歯を削ったり、負担をかけたりすることはありません。また、インプラントは他の歯への負担をかけることなく治療をおこなうことができるため、治療によって他の歯の寿命を短くすることもありません。

骨が痩せるのを防ぐ(骨吸収を防ぐ)

顎の骨に埋入するインプラント体には、骨が痩せるのを防ぐ働きもします。インプラント体は歯根の代わりをするため、噛んだ時の咀嚼の刺激がインプラント体を通じて顎の骨に伝わり、顎の骨から脳に刺激が伝わります。もしも、歯を失った場合に咀嚼による刺激が骨に伝わらなくなると、骨が少しずつ痩せてしまいます。インプラントは骨が痩せるのを防ぐ役割もあるのです。

見た目が天然の歯と同じくらい美しい

インプラントは見た目がほとんど天然の歯と変わらないくらい美しいため、他の補綴物と比較しても、より自然な仕上がりになります。部分入れ歯などの場合、保険適用の物はバネを歯にかける必要があるため、話すときに他人に入れ歯だと気づかれてしまうことがあったり、総入れ歯の場合は食事や会話の最中に外れてしまうこともあるため、口元にコンプレックスを感じてしまい、食事や会話を楽しむことができなくなる場合があります。しかしインプラントの場合、歯が外れる心配もありませんし、人から歯を見られることを気にする必要もなくなるため、食事や会話を楽しむことができるだけではなく、笑顔も増えるため、表情が豊かになり明るい印象を与えます。

メンテナンス次第で半永久的に使用できる

インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはなってしまいます。インプラントの歯周病であるインプラント周囲炎は、天然の歯と同様に進行すると歯肉炎になってしまい、さらに進行すると細菌が歯周組織にまで侵攻してしまいます。歯周組織の破壊が進んでしまうと、最悪の場合インプラントの脱落に繋がります。しかし、毎日のセルフケアや、大分県のかかりつけの歯科医院での定期的なメンテナンスをおこなうことで、インプラント周囲炎を予防することが可能です。インプラントを埋入すると、まるで自分の歯のように噛めるようになるため、元に戻ったと勘違いしてしまいがちですが、結合組織までは元に戻ることはないため、天然の歯と同じような強さを完全に取り戻したわけではないのです。そのことを理解した上で、少しでも長くインプラントを使用するために、毎日のセルフケアや、歯科医院での定期的なメンテナンスをおこなうことは大切なのです。メンテナンス次第ではインプラントは半永久的に使用することも可能です。

どの歯でも対応できる

一番奥の歯を失った場合、ブリッジ治療は両隣に歯が必要なため、治療がおこなうことができません。また部分入れ歯治療をおこなった場合は、顎の骨と結合していないため、骨吸収を起こしてしまうので、時間が経つと入れ歯が合わなくなってしまい、噛み合わせが悪くなるといった問題が起こってしまいます。しかしインプラントは、どの歯でも対応できますし、奥歯の骨の吸収も防ぐこともできます。

ただし、下の奥歯のインプラント治療の際に、顎の骨の中を通る神経の損傷のリスクがあるため、手術前にCTスキャンで撮影をおこない、しっかりと安全域を設けた上で、経験豊富な歯科医師が治療をおこなうことで、リスクを回避することが可能です。また上顎の場合は、骨のすぐ上の部分に上顎洞という副鼻腔の一部があり、そこをインプラント体が突き抜けてしまうと感染症のリスクや、副鼻腔炎などの合併症が起こる危険性があるため、下顎と同様に手術前のCTスキャンでの撮影が必須であり、もしもインプラント体を埋入するための骨量が不足している場合は、サイナスリフト(上顎洞底挙上術)という骨を増やす処置が必要となります。

インプラントのメリット
最新情報をチェックしよう!