過去相談して「インプラントが出来ない」と言われた方。歯科医院選びで悩んでいる方へ最新の情報を配信しています。
インプラント手術は痛い?

インプラント手術は痛い?

インプラント治療は、顎の骨にインプラント体を埋入する外科手術を伴う治療法です。そのため、痛みが心配で治療に踏み切ることができない方もいらっしゃいます。しかし、インプラント手術中は麻酔が効いているため、痛みを感じることはありません。また、基本的なインプラント手術は、1本あたり20~30分と短い時間で終わるため、手術時間に合わせて適切に麻酔が処方されていれば、痛みの心配はないといえます。インプラント手術は痛みを感じることはほとんどないのです。

手術や痛みが不安な方に用いる静脈内鎮静法

インプラント手術は、一般的には局所麻酔を用いておこないます。しかし、それでも本当に痛みがないのかと不安に思う方は多いです。もしも痛みに対する不安が強かったり、手術に心配がある方は、「静脈内鎮静法」を用いて手術をおこなうこともできます。

静脈内鎮静法とは、手術や歯科治療に伴う苦痛や不安を取り除くためにおこなう方法です。点滴によって静脈から安定剤を投与する方法ですが、全身麻酔とは違い意識はあります。しかし、ほぼ眠っているような状態でリラックスして歯科治療を受けられるため、痛みや緊張による血圧の急激な上昇や動悸、呼吸困難などを予防することができます。静脈内鎮静法は、全身麻酔に比べて身体への負担も少ないため、インプラント体の本数が多い場合や、手術が長時間に及ぶ場合は、この静脈内鎮静法を利用することで安心して手術がおこなうことができます。

麻酔を効きやすくする方法

麻酔の際に、より細い注射針を使用したり、麻酔薬を人肌に温めたりすることで、麻酔の効きがよくなる場合があります。麻酔の効き具合は個人差があるのですが、麻酔が効きにくい方は大分県の歯科医師に相談すれば、快く対応してくれる場合もありますので、遠慮せずに相談してみましょう。

インプラント手術後は多少の傷みはある

インプラント体を手術によって埋込した後、数日は痛みが続いてしまいます。インプラント手術は、歯茎を切開したり、顎の骨に穴を開けたり、傷口を縫合したりという処置をおこなうため、どうしても麻酔が切れた後は患部が痛んでしまいます。また、埋入するインプラント体の本数が多かったり、抜歯の直後にインプラント手術をおこなう方法をおこなった場合は、通常よりも痛みを強く感じます。痛みの感じ方には個人差がありますし、治療方法や治療の範囲によって痛みの具合も変わりますので、一概にすべての人が痛むとはいえませんが、痛みがあることは知っておきましょう。

インプラント手術後の痛みの対処法

インプラントの治療後は、麻酔が切れてしまうと痛みが発生するため、大分県のほとんどの歯科医院で痛み止めや炎症止めが処方されます。医院によって処方される薬は異なりますが、痛みがある場合に服用することで痛みが改善されます。しかし、中には強い痛みを感じる場合もあり、痛み止めが効かないケースもあります。あまりに痛みがひどい場合は、我慢せずに歯科医院に連絡してください。薬を変えたり、量を増やしたり、傷口を消毒するなどの適切な処置を受けることができるため、それによって痛みが緩和されることが多いです。

インプラント治療の方法によって痛みが異なる

自分の骨を移植する治療

インプラント治療で、顎の骨の量が十分ではない場合があり、その際にご自身の骨をインプラント箇所に移植する手術をおこなう方法があります。この場合、インプラント体を埋込する手術よりも、骨を採取する手術の方が痛みが強いです。さらに、この場合は2箇所の手術をおこなうため、痛みを感じる部分は増えてしまいます。

人工の骨を移植する治療

インプラント治療では、人工の骨をインプラント箇所に移植する場合もあります。その際の手術部位は1箇所で済むため、痛みの箇所を減らすことができます。ただし、移植手術の際に歯茎の切開が必要になるため、歯茎の腫れなどが生じることがあり、その場合は痛みを感じることがあります。

サイナスリフト

上顎の骨に厚みが足りない場合に、人工の骨を使って骨の厚みを補い、インプラント体を埋入する「サイナスリフト」という施術をおこなう場合があります。

サイナスリフトとは、上顎洞に隣接する歯茎を剥がして、骨補填材を埋入することでインプラント体を埋込するために必要な骨の厚みを作りだす技術のことです。ご自身の体の部位から骨を採取する必要がないため、痛みは少ないようにも思われますが、骨を歯茎に移植する際に顎の穴をあける必要があり、切開部分も広範囲のため、痛みや腫れが発生しやすくなります。腫れは3~4日は続くことが多いです。

ソケットリフト

上顎の骨に厚みが足りない場合、インプラント体を埋込する穴から人工の骨を入れ、足りない厚みを補う「ソケットリフト」という施術を必要とすることがあります。

ソケットリフトも、ご自身の体の箇所から骨を採取する必要がありません。さらに、サイナスリフトのように顎の骨に穴をあける必要もありません。そのため歯を削る量が少なく、痛みを最小限に抑えることができます。ただし、すべての場合にソケットリフトを選択できるわけではなく、歯槽骨が極端に少ない場合などは、ソケットリフトがおこなえないため、サイナスリフトによる治療の必要があります。

インプラント手術は痛い?
最新情報をチェックしよう!

大分インプラント情報の最新記事8件