過去相談して「インプラントが出来ない」と言われた方。歯科医院選びで悩んでいる方へ最新の情報を配信しています。
金属アレルギー

インプラントと金属アレルギー

金属アレルギーとは

私たちの周りには沢山の金属がありますが、金属製のネックレスや指輪、ピアス、時計などの装飾品を身に付けることで、痒みや腫れなどのアレルギー反応を起こす、金属アレルギーを引き起こしてしまう場合があります。金属アレルギーとは、金属が汗や唾液などの体液と一定時間接することによって、金属がイオン化して溶け出してしまい、これが粘膜上皮のタンパク質と結合して、体には本来存在しない構造のタンパク質ができてしまうことにより、免疫細胞が異物とみなして過剰に反応してしまう状態をいいます。

口腔内の金属アレルギーの症状

歯科用金属として使用されている「銀歯」などによる金属アレルギー症状は、口腔内に見られる扁平苔癬の他にも、手足の丘疹などの症状が見られます。扁平苔癬とは、口内炎とは異なり白色の線条が口腔内にできたり、炎症を起こして赤く腫れてしまう病気です。様々な自覚症状があり、歯磨き中に痛みを感じたり、食事や会話中に違和感を感じることなどがあります。他にも手足の丘疹などの症状として、両側の手足の屈側面に発症することが多く、手足に隆起した小さな丘疹がみられ、かゆみが強いのが特徴です。

また、口腔内は金属アレルギーの他にも、環境ホルモンの関係で保険適用治療で使用されるレジン(プラスチック)のアレルギーを起こす方もいらっしゃいます。その場合、金属アレルギーの治療と同様に、原因となっているレジンを除去し、セラミック等のレジン以外の材料で再度治療することになります。

インプラントと金属アレルギー

インプラントでは、使用するインプラント体に「チタン」を使用しています。インプラント治療では、インプラント体を顎の骨に埋入する外科手術を伴います。これが歯根としての役割を果たすため、安定した噛み合わせを実現しているのです。

昔から失った歯の代わりに人工歯を補填する方法はありましたが、様々な金属や素材を使ってみても、どの材料も骨としっかり結合できず人工歯は抜け落ちていました。しかし、スウェーデンの学者ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士が、現在のインプラント体として使用されているチタンが骨としっかり結合することを偶然に発見しました。ウサギの脛にチタン製の生体顕微鏡を取り付けて、骨折の際のマイクロサーキュレーションの実験をおこなっていた時に、チタンの器具が骨とくっつき外せなくなったことから、チタンが骨の組織と拒否反応を起こさず結合する「オッセオインテグレーション」(骨結合)を発見したのです。

通常、体の中に金属などの異物が入ると、それを排除するために体が拒否反応を起こしてしまいます。そのため、別の金属を顎の骨に埋入すると、その部位で炎症が起こってしまい、顎の骨と結合することなく脱落してしまいます。しかしチタンは他の金属とは違い、生体親和性が高く、さらに時間をかけて骨と結合する性質があるため、顎の骨に埋入しても拒否反応が起こらないのです。それだけではなく、顎の骨としっかりと結合するので、入れ歯やブリッジなどの補填治療とは異なり、天然の歯に近い機能を回復することができるのです。そのため、生体親和性の高いチタンを使用するインプラント治療は、金属アレルギーを起こすことはほとんどありません。

パッチテストをおこないましょう

インプラント治療をおこなっても、金属アレルギーを起こすることはほとんどありません。ただし、稀に一部の方が、チタンに金属アレルギー反応を示すケースがあります。そのため、過去に金属アレルギーを起こしたことのある方や、金属アレルギーの心配がある方は、事前に金属アレルギーの検査をして頂くことをお勧めいたします。

アレルギー検査は、パッチテストと呼ばれる検査をおこなうことで、アレルギーを起こす原因となる物を特定することが可能です。検査内容は、試薬のついたテープを目立たない背中に貼り、まずは2日間貼った後に剥がして皮膚に現れる反応を見ます。その後、3日後、7日後と確認していき、皮膚の反応を確認していく方法です。一定期間が経過すると、どの金属にアレルギー反応があるのかが分かります。他にも、血液検査をしてアレルギー反応を調べる方法もあります。

まとめ

インプラント治療では、金属アレルギーはほとんどの場合起こることはありません。もしもチタンの金属アレルギーがあったとしても、事前のアレルギー検査で調べることができますので、金属アレルギーがインプラント治療の失敗に繋がることはないといえます。万が一、インプラント治療後に、金属アレルギーの症状が見られた場合、原因が過去に治療処置をおこなった銀歯などの詰め物の可能性があるため、その場合は大分県の歯科医院で適切な処置をしてもらいましょう。

また、近年ではセラミックやジルコニアのインプラント体を使用した、メタルフリーのインプラント治療もおこなわれています。費用面での問題はありますが、金属アレルギーを気にすることなくインプラント治療がおこなえます。

金属アレルギー
最新情報をチェックしよう!

大分インプラント情報の最新記事8件