過去相談して「インプラントが出来ない」と言われた方。歯科医院選びで悩んでいる方へ最新の情報を配信しています。
インプラント治療までの病気について

インプラント前に治療しなければならない口内の病気

インプラント治療は、顎の骨にインプラント体を埋入する外科手術をおこなうため、口腔内の状態によっては、インプラント治療に悪影響を及ぼしてしまい、最悪の場合インプラント治療が失敗してしまう危険性もあります。そのため、口腔内の病気はインプラント治療前に必ず治療をしておく必要があります。

インプラント前に治療しなければならない口内の病気

虫歯

虫歯は、症状が悪化すると歯茎が炎症を起こす原因になります。インプラント治療は、歯茎を切開して顎の骨にインプラント体を埋込する手術が必要となるため、歯茎が腫れてしまったままでは、正解な位置にインプラント体を埋入することが難しくなるため、手術をおこなうことができません。もしも別の歯が虫歯になっていたとしても、口腔内に虫歯菌をもっている以上は、インプラントの部分への影響も考えられるため、インプラント治療前には必ず虫歯を治療しておくことが大切です。

歯周病

歯周病は、インプラント治療で最も注意しなければいけない口腔内の病気です。虫歯同様に、歯周病は歯茎の炎症を引き起こしますが、それだけではなく、歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)から歯茎の内部へと侵入を進め、歯を支える歯槽骨まで溶かしてしまい、歯が抜け落ちてしまう危険性があります。もしも歯周病にかかったまま、インプラント手術をしてしまうと、手術をした部分が歯周病菌に侵されてしまい、インプラントを埋込した部分の骨が溶けてしまい、インプラント体を支えることができなくなり抜け落ちてしまうという可能性もあります。また、歯周病を治療せずインプラント手術をしてしまうと、インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」にもなってしまうので、術後のインプラントの状態にも悪影響を及ぼしてしまうため、必ず事前に治療しておくことが大切です。

噛み合わせ

噛み合わせも、ある程度は治療して整えたほうが良いです。噛み合わせが悪いことは、歯ぎしりや食いしばりを引き起こすことに繋がります。歯ぎしりや食いしばりによって、歯に強い力がかかってしまうため、歯や顎へ負荷も大きく、インプラント治療のトラブルの原因になってしまう可能性があります。

顎関節症

インプラント体は顎の骨に埋込するため、顎の状態を確認することもインプラント治療をおこなうために大切です。顎関節症の場合、インプラント治療によって症状が悪化してしまう恐れもあるので、もしも顎の骨や関節などに問題があれば、改善することが先決になります。また、顎関節症の治療経験がある方は、インプラント治療によって再発の可能性もあり得るので、大分県の歯科医師に事前に伝えるようにしましょう。

口腔内以外の病気

重度の糖尿病や心疾患、骨粗鬆症などの全身疾患のある方は、インプラント治療前に症状の改善が必要になります。糖尿病の場合は、インプラント手術後の傷の治りが悪くなり、さらに免疫力の低下により感染のリスクが高くなります。また、骨を作る細胞の機能や数が低下してしまうため、インプラント体と骨との結合がうまくいかなくなる恐れがあり、治療後にはインプラント周囲炎を引き起こしやすくなります。そのため、治療には血糖値のコントロールが必要となります。

他にも骨粗しょう症の場合は、患者さんが治療薬としてビスフォスフォネート製剤を使用していると、傷口の治癒が遅くなってしまい、最悪の場合インプラント手術後に顎の骨が壊死してしまう「顎骨壊死」を引き起こしてしまう危険性があるため、注意が必要です。投薬の種類や期間などによっては治療が可能ですので、かかりつけの主治医と歯科医師との相談が重要となります。

インプラント治療前に気を付けた方が良いこと

インプラント治療の詳しい内容や治療方針などを理解する

インプラントは外科手術を伴う治療方法であるため、少なからず身体的に負担がかかってしまいます。ですので、ご自身の健康状態をしっかりと把握したうえで、歯科医師の治療内容や、治療方針の説明をしっかりと受け、疑問点や心配なことがあれば納得できるまで話し合いましょう。不安が残ったまま治療を進めた場合、トラブルの原因になったり、医師との信頼関係を築くことも難しくなります。安全に治療をおこなうためにも、歯科医師とはしっかりと話し合うようにしましょう。

喫煙は控えましょう

タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素によって、歯茎の毛細血管が収縮してしまい、血液中の酸素と栄養の運搬が妨げられてしまうため、傷の治癒が遅れてしまいます。さらにインプラント体が骨と結合しにくくなるため、インプラント体が安定せず、治療後にインプラントが脱落してしまう危険性もあります。そのためインプラント治療前と治療中は禁煙し、治療後の喫煙もインプラントの寿命を短くしてしまうため、今後のことを考え、良い機会として禁煙することをお勧めいたします。

体調を整えておく

インプラント治療前は、口腔内だけでなく身体全身の体調管理も大切です。風邪を引いてしまい熱がでている状態では、インプラントの手術はおこなうことはできませんし、風邪の症状があっても、医師に伝えずにそのまま手術をおこなってしまうと、術後のトラブルの原因にもなってしまうこともあります。そのため、体調管理はしっかりと整えておくようにしましょう。もしも風邪の症状が見られた場合は、必ず事前に大分県の歯科医師に伝えてください。

インプラント治療までの病気について
最新情報をチェックしよう!

大分インプラント情報の最新記事8件