過去相談して「インプラントが出来ない」と言われた方。歯科医院選びで悩んでいる方へ最新の情報を配信しています。
インプラントのデメリット

インプラントにデメリットはある?

インプラント治療は急な事故や怪我、虫歯や歯周病によって失った歯を補うことができる治療法です。他の補填治療である、入れ歯治療やブリッジ治療などよりも、見た目も天然の歯のように美しく、さらに噛む力もほとんど天然の歯と変わらない力で噛むことができるため、会話や食事も楽しむことができます。また、インプラントは第2の永久歯ともいわれており、メンテナンス次第では半永久的に使用することも可能です。そんなメリットの多いインプラント治療ですが、その反面デメリットもあります。インプラントのデメリットをご説明いたします。

インプラントのデメリット

手術が必要となる

インプラントが他の補填治療の入れ歯やブリッジと大きく異なるのは、歯茎を切開して、顎の骨にインプラント体を埋入する外科手術を伴うことです。手術の際には局所麻酔をおこなうため、手術中は麻酔が効いているのでほとんど痛みを感じることはありません。しかし患者さんによっては、術後に強い痛みや腫れなどを伴うこともあります。また手術をおこなう治療である以上は、100%安全というわけではありません。そのため、医療設備や衛生管理の徹底、また経験豊富で技術力も高い歯科医師がいる歯科医院を選ぶことが、手術が必敗しないためにも重要になります。

治療費が高額になる

インプラントは基本、保険適用外治療(自由診療)となるため、治療費は全額自己負担になってしまいます。さらに歯科医院によって金額が異なるため、どうしても高額な費用がかかってしまいます。ただし中には治療費の安い「格安インプラント」を謳う医院もありますが、このような医院での治療は注意が必要です。場合によっては、実績と信頼が少ないインプラントメーカーのものを使用していたり、インプラントの素材のコストを抑えていたり、治療後の保証がなかったり、治療に必要な医療設備や衛生管理が整っていない環境や、十分な経験や実績のない医師が執刀しているなどと、何らかの問題を抱えている可能性も考えられます。そのため、治療をおこなう前は、信頼できる歯科医院かどうかを判断して医院を選ぶことも大切です。

疾患によっては治療がおこなえない場合がある

インプラント治療は、全ての方が受けられるというわけではありません。特に重度の糖尿病などの全身疾患がある方、骨粗鬆症の治療のためにビスフォスフォネート製剤を服用している方は治療できない場合があります。

糖尿病の方は細菌の侵入に対しての抵抗力が弱いため、インプラント手術をおこなった際、切開した箇所から細菌感染を起こしてしまい、結果的にインプラントの失敗に繋がってしまうことがあります。さらに治癒力も低下するため、傷の治りが遅くなってしまい、そこから細菌感染を起こすことがあるのです。

骨粗鬆症の方は、骨が元々もろくなっているため、インプラントに骨が結合しにくいだけではなく、ビスフォスフォネート製剤を服用していることによって、骨吸収を抑えると同時に新しい骨を作る機能も抑制されてしまうため、顎の骨が溶けて露出する「顎骨壊死」になってしまう危険性もあるのです。

ただし糖尿病でも、血糖を薬などによってコントロールできる場合や、ビスフォスフォネート製剤の服用を中断しても十分な骨の硬さがある場合は、治療が可能な場合もあります。糖尿病や骨粗鬆症などの疾患がある方は、治療前に必ず主治医と相談してインプラント治療が可能かどうか確認しておきましょう。また、可能な場合は必ず歯科医師にも疾患のことを伝えてください。

子供や妊婦は治療できない

インプラント治療は、成長期前後の子供は、顎の骨の厚みや形状が変化していく可能性が高いため、治療をおこなうことができません。顎の骨の変化が進む過程で治療をおこなうと、インプラントがずれてしまったり、インプラントが他の天然の歯にあたってしまうといったトラブルが起こる場合があります。18~20歳前後になると骨の成長が止まるため、このくらいの年からインプラント治療を受けることは可能です。

また、妊婦もインプラント治療は一般的にはおこないません。インプラント手術を受けた後には、抗生物質や痛み止めの薬を服用する必要があるため、これらの薬がお腹の中の赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性があるためです。妊娠をしている方でインプラント治療をお考えの場合は、出産、卒乳するころまで治療は控えるようにしましょう。

治療期間が長い

インプラント治療は、インプラント体を顎の骨に埋込しますが、しっかりと結合するための約2カ月〜6ヶ月程の治癒期間を設け、インプラントが骨に定着してから上部構造を取り付けます。さらに事前に虫歯や歯周病がないかどうか口腔内の検査をおこなったり、CTスキャンなどで顎の骨の形状を確認したり、噛み合わせのチェックなどをおこなうため、長い期間を要します。そのためインプラント治療は、治療期間がかかってしまうのです。

歯科医院での定期的なメンテナンスを受けましょう

インプラントの治療が完了すれば、それで終わりというわけではありません。インプラントを少しでも長い期間使用するためには、毎日のセルフケアと大分県のかかりつけの歯科医院での定期的なメンテナンスが必要です。歯ブラシを使ったブラッシングや、歯間ブラシやデンタルフロスを併用して、口腔内を常にキレイにしておきましょう。また、ご自身では取り除くことが難しい汚れやバイオフィルムなどの細菌も、歯科医院でのメンテナンスでキレイに取り除くことが可能です。口腔内を清潔に保つことがインプラントの寿命を長くすることに繋がるのです。

インプラントのデメリット
最新情報をチェックしよう!

大分インプラント情報の最新記事8件