過去相談して「インプラントが出来ない」と言われた方。歯科医院選びで悩んでいる方へ最新の情報を配信しています。
インプラントと歯科技工士

インプラントと歯科技工士

歯を失ってしまった際に、インプラント治療は見た目の美しさや、歯の機能を取り戻すことができるため、多くの方が治療をおこなっています。また近年では、見た目の美しさを求めてインプラント治療をおこなう方も増えています。インプラント治療は、高度な設備の設置や、機器の導入、衛生管理の徹底が重要です。さらに歯科医師の豊富な経験と高度な技術も必要となる治療ですが、これらを満たしていたとしても肝心な人工歯が精巧に製作できなければ、本当の意味で治療の成功とはいえないのです。そのため、インプラント治療には人工歯を製作する「歯科技工士」の役割がとても重要になります。

歯科技工士とは

歯科技工士は国家資格であり、歯科医療の一端を担う医療技術専門職です。歯科医師の指示に基づいて、インプラントや入れ歯、ブリッジ、矯正装置、歯の被せ物や詰め物などの製作や加工、修理をおこないます。高度な精密技工技術とともに、患者さん一人ひとりに異なる歯の色や形を把握する、繊細な審美的感覚が必要となる仕事です。人は、日々の生活の質の向上のために、咀嚼、嚥下、呼吸、発音、感覚、姿勢維持、身体運動能力、そして見た目の美しさである「審美」の維持が重要です。また、これらは人生の満足度にまでも影響を与えるため、歯科医療の役割はますます重要になってきています。歯科技工士は、こうした歯科医療を支えることで、体と心の健康と幸福に貢献できる職業なのです。

歯科技工士が製作するもの

歯科技工士が製作するものとして、一般に銀歯と呼ばれているものがあります。歯全体に人工の冠を被せることで、歯の形や機能を回復させます。また、歯を失った際の補填治療として、顎の骨にインプラント体という人工歯根を埋入し、それに人工歯を装着することで、歯の形と機能を回復させるインプラントや、残っている両隣の歯を支柱とし、橋のように繋ぐブリッジ、義歯として使用する総入れ歯や部分入れ歯も、歯科技工士が製作します。さらに、不正咬合(悪い歯並び)や顎の位置がずれている場合に、歯の位置を正しく整えるためのブラケット矯正の装置や、マウスピース矯正のマウスピース、スポーツをする際に口の中の怪我を防止するために装着するマウスガードも、歯科技工士によって製作されます。他にも、生まれつき、もしくは病気や事故によって失われた顔や体の一部を、人工の材料を使って形態などを補う方法である「エピテーゼ」も製作します。保険適用されるエピテーゼの製作には、義肢装具士があたりますが、製作方法や使用材料、器材は歯科技工作業と共通しているものが多いので、保険適用されないエピテーゼの製作場合は、歯科技工士も活躍しています。

インプラントと歯科技工士

インプラント治療では、歯科医師は診査や診断、外科手術、インプラントの埋込、そして歯型取りをおこない、歯科技工士は、この歯型を基に人工歯を製作します。歯科医師は製作された人工歯を実際に患者さんの口腔内に装着し、噛み合わせなどをチェックして、修正が必要だと判断すれば歯科技工士に修正の指示をし、最終的に出来上がった人工歯を患者さんの口腔内に装着します。インプラント治療は、一般の歯科治療に比べると複雑な過程を経るため、最初の診査や診断はかなり入念におこないます。今までは、この診査や診断を歯科医師のみでおこなってきたのですが、近年の歯科用CTの普及に伴い、多くの歯科医院がCT画像やレントゲンなどの精密なデータから患者さんの骨の状態を判断して、インプラントの種類や治療方法、使用する材料などを決めているため、歯科技工士も診査や診断に加わるケースが増えてきています。さらに、CTスキャンにより得たデータを基に、インプラントの埋込から、人工歯の製作、装着までをコンピュータでシミュレーションすることが可能になったため、最終製作物を作る歯科技工士がアドバイスを求められるケースが急速に増加しているのです。

また、歯科技工士は歯科衛生士とも連携することが大切です。歯科衛生士は、患者さんのことを一番良く知っているので、その情報を歯科技工士に伝えることが良質な治療をおこなうために重要なのです。また、歯科技工士が製作した歯に対する適切なケアの方法などの情報を、歯科衛生士に伝えることも大切です。

CAD/CAMシステム

近年、コンピュータにより設計し、加工する技術の「CAD/CAMシステム」の登場によって、歯科治療のデジタル化が急速に普及しており、被せ物などの加工精度は飛躍的に向上しています。CAD/CAMを活かしたインプラント治療の場合、治療計画の段階から歯科技工士が加わることで、歯科医師が作った模型を歯科技工士がデータ化し、インプラント埋入位置や最終補綴物に関する評価を伝え、医師と共に最終的なインプラント埋入の位置関係を決めることで、治療結果がより確実なものになっており、今後の歯科治療に必須の要素であるといえます。

インプラントと歯科技工士
最新情報をチェックしよう!

大分インプラント情報の最新記事8件