過去相談して「インプラントが出来ない」と言われた方。歯科医院選びで悩んでいる方へ最新の情報を配信しています。
インプラントかブリッジ

インプラントとブリッジはどちらがいい?

急な事故や怪我、虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合に、歯の機能と見た目の美しさを取り戻す補填治療として、インプラントやブリッジという治療方法の選択肢があります。他の治療法として入れ歯治療もあるのですが、機能性や見た目が他の治療法より劣ってしまうため、インプラントかブリッジのどちらかで迷っている方が多くいらっしゃいます。インプラントとブリッジはどちらがいいのかをメリットとデメリットを踏まえてご説明いたします。

インプラントとは

インプラント治療とは、失ってしまった歯の部分の顎の骨に、歯の根の代わりとなるチタン製のインプラント体(人工歯根)を埋入する外科手術を伴います。インプラント体を歯の土台として、連結部分のアバットメントを取り付け、その上に人工歯を被せることで歯の機能を取り戻す治療方法です。歯の根が残っている場合におこなう差し歯治療などと違い、歯が全く残っていない場合の治療法です。

インプラントのメリット

見た目が美しい

インプラントは天然の歯と同じくらいキレイな仕上がりになります。さらに歯並びも整えることができるので、人前で歯を気にすることなく笑顔も増えます。

天然の歯のように噛むことができる

インプラントは天然の歯と同じくらいの力で噛むことができるため、何でも好きなものを食べられるので、食事を味わいながら楽しむことができます。また物を噛んだ際に違和感を感じることもほとんどありません。

骨の吸収を防ぐ

インプラントは顎の骨にインプラント体を埋入するため、噛んだ時の刺激が骨を通じて直接脳に伝わることで、骨の吸収を防ぐので、顎の骨が痩せにくいメリットがあります。

他の歯に負担をかけることがない

歯は削ることで寿命を短くしてしまいます。インプラントは基本的に失った歯を補うために健康な歯を削ったり、他の歯に過剰な負担をかけることがないため、残った歯を守ることに繋がります。

メンテナンス次第で半永久的に使用できる

インプラントは「第二の永久歯」ともいわれており、毎日のご自身でのセルフケアや、歯科医院での定期的なメンテナンスをしっかりとおこなうことで、半永久的に快適に使用することが可能です。

インプラントのデメリット

外科手術が必要になる

インプラントは、顎の骨にインプラント体を埋入する外科手術が必要となります。そのため、身体的な負担が大きくなってしまいます。

治療期間が長い

インプラントは、顎の骨とインプラント体がしっかりと結合するまでの治癒期間(3ヶ月〜6ヶ月程度)を要するため、他の治療と比べて治療期間が長くなってしまいます。

費用が高額になってしまう

インプラントは、基本的に保険適用外治療(自由診療)となるため、かかる費用は全額自己負担となってしまうので、経済的な負担が大きくなります。

関連記事

インプラントは歯失ってしまった際に、天然の歯と同じくらいの噛み心地や、見た目の美しさを取り戻すことができる治療法で、多くの方が治療を受けています。しかしインプラントは費用が高いというイメージがあるため、治療に踏み込めない方も多いのではないで[…]

インプラント費用

ブリッジとは

ブリッジ治療は、失ってしまった歯の両隣にある歯を削って支柱とし、人工歯を被せて橋のように人工歯を繋ぐ治療法です。

ブリッジのメリット

見た目の美しさ

ブリッジはインプラント同様に、見た目はとても自然で違和感は天然の歯と比べてもほとんどありません。しかし、保険適用のレジン(プラスチック素材)のものだと、後に変色してしまう可能性があります。この場合、費用は高くなりますが、保険適用外のオールセラミックなどの素材を用いることで、さらに見た目は美しくなります。

治療期間が短い

治療する歯の本数などによっても違いますが、単純な作りのものであれば治療は短期間で終わります。期間は1週間~2週間程度で、最短で2回で治療が終わるケースもあります。

費用を抑えることができる

保険適用の素材であれば、本数や歯の状態にもよりますが、安価でおこなうことも可能なため、費用を抑えることができます。見た目の美しさを求める場合であれば、保険適用外になるため、費用は高くなってしまいます。

ブリッジのデメリット

健康な歯を削る必要がある

ブリッジ治療は、失った歯の両隣の歯を支柱とするため、支える健康な歯を削らなくてはいけません。さらに、削って支柱にした歯や歯周組織に大きな負担がかかってしまうので、結果的に歯の寿命を短くしてしまいます。

骨が痩せてしまう

歯を失ってしまうと、顎の骨の吸収が始まってしまい、骨が徐々に痩せてしまいます。ブリッジはそれを食い止めることができないため、骨が吸収を始め痩せてしまいます。

耐用年数が短い

ブリッジの人工歯は個人差がありますが、平均で8年程で作り直す必要があるといわれています。

インプラントがお勧めの方

インプラントは、ブリッジのように健康な歯を削ることはありません。しかし、ブリッジは失ってしまった歯の両隣がたとえ健康な歯であっても削らなくてはいけません。さらに、支柱となった歯に負担がかかってしまうため、歯の寿命を短くしてしまいます。インプラントは他の歯を気にすることなく治療ができるため、歯を削りたくない方、歯の寿命を長くした方にはお勧めです。また、インプラントは1本1本が独立しているため、再治療やメンテナンスが簡単です。しかし、ブリッジは他の歯と連結しているため、再治療の際は全てを外す必要があります。そのため、再治療やメンテナンスを簡単におこないたい方もインプラントをお勧めいたします。

ブリッジがお勧めの方

ブリッジ治療は隣の歯を支えとして人工歯を作るため、外科手術の必要がありません。そのため外科手術に抵抗がある方はブリッジがお勧めです。また、インプラント治療はインプラント体と骨の結合に、3ヶ月〜6ヶ月程度の治癒期間が必要となるため、治療期間が長くなってしまいます。しかし、ブリッジであれば治療期間が短くて済むため、治療期間をかけたくない方にはブリッジはお勧めです。さらに保険適用外のインプラント治療と違い、ブリッジは保険が適用できるため、費用をそこまでかけられない方も保険適用可能なブリッジがお勧めです。

まとめ

インプラントとブリッジには、それぞれにメリットとデメリットがあります。そのため、患者さんのご要望を歯科医師としっかりと話して頂いた上で、現在の健康状態や口腔内の状況をもとにして、最も適した治療法を選択することが、納得した治療をおこなうことに繋がります。

インプラントかブリッジ
最新情報をチェックしよう!

大分インプラント情報の最新記事8件