過去相談して「インプラントが出来ない」と言われた方。歯科医院選びで悩んでいる方へ最新の情報を配信しています。
インプラントの種類

インプラントの種類

インプラントの構造

インプラントは「インプラント体」と、「人工歯」と、人工歯とインプラント体をつなぐ「アバットメント」からできています。その際、アバットメントと人工歯を合わせたものを「上部構造」といいます。

インプラント体は、顎の骨に埋入して結合することで歯根の役目をする部分で、チタン製のものが多く使用されています。大きさは直径が3~5mm、長さは6~18mmです。チタンは生体親和性が非常に高いため、金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます。

アバットメントは、骨と結合したインプラント体と人工歯をつなぐ部分で、一般的にチタンやチタン合金が素材で使われていますが、審美性が高いジルコニアなども注目されています。

人工歯には、レジン・セラミック・ハイブリッドセラミック・ジルコニアなどが用いられます。それぞれのメリットやデメリットを把握した上で、仕上がりや費用などの複数の視点から考えて選択することが可能です。

ワンピースタイプとツーピースタイプ

インプラントには、顎の状態や手術方法に合わせて、インプラント体とアバットメントが一体型のワンピースタイプと、アバットメントでインプラント体と人工歯をつなぐツーピースタイプがあります。

ワンピースタイプ

インプラント体とアバットメントが一体型のため費用を抑えることができ、さらに治療期間が短いため、患者さんの経済的、身体的負担を軽減することができます。1回法の手術時に用いられます。

ツーピースタイプ

感染症リスクが低く、顎の骨が痩せている場合に用いられることが多いです。1回法と2回法のどちらの手術にも対応できます。また、顎の骨に埋込するインプラント体は、骨としっかり結合できるような表面処理がおこなわれており、インプラント体の形状は一般的にスクリュータイプ・シリンダータイプ・バスケットタイプ・ブレードタイプの4種類があります。

インプラント「1回法」と「2回法」

1回法とは、1回目の手術でインプラントを歯茎の中に埋入する際、インプラントの一部を歯茎から露出させて、インプラント体が顎の骨にしっかりと結合してから、上部構造を取り付ける方法です。

2回法とは、1回目の手術でインプラント体を完全に歯茎の中に埋込し、インプラント体が顎の骨にしっかりと結合してから、再び麻酔をして歯茎を切開し、アバットメントを取り付ける方法です。

インプラント体の形状の種類

スクリュータイプ

一般的によく使われているインプラント体で、ネジのような形状をしており、回転させながら顎の骨に埋込します。骨と接する面積が大きいため、埋込した際の初期固定が得られやすいといわれています。スクリュータイプには、歯根の先が細くなっている「ルートタイプ」と円柱状で寸胴な形で太さが変わらない「スレートタイプ」があります。

シリンダータイプ

シリンダータイプは、スクリュータイプと同じく一般的によく使われているインプラント体で、ネジのような形状ではなく、なめらかな円筒形をしているため装着が容易です。しかし骨と接する面積が小さいため、初期固定が弱いというデメリットがあります。2回法の治療に適しています。

ブレードタイプ

ブレードタイプは、平らでT型の形状になっていて、幅も薄く、骨が狭い部分にも使えるのですが、力のかかり方に偏りが生じてしまいやすく、破損や骨が痩せてしまうなどのトラブルが起こりやすいため、最近では使われなくなりました。

バスケットタイプ

見た目はスクリュータイプとよく似ていますが、インプラント体の側面に複数の穴が空いており、中が空洞になっています。穴が空いているため、空洞部分にしっかりと骨ができるように埋入する技術が必要で、中に骨ができなかった場合は強度が弱くなってしまうため、インプラント体が破損しやすいというトラブルもあり、ブレードタイプと同様、最近では使われなくなりました。

インプラント体の種類

現在、世界には国内を合わせると数百社のインプラントメーカーがあるといわれています。その中でも長い実績や歴史のあるメーカーは信頼できるメーカーだといえます。世界的にシェアを持つ代表的なインプラントメーカーは、以下の4社で世界4大インプラントメーカーと呼ばれています。

  • スウェーデンのノーベルバイオケア社(ブローネマルクインプラント)
  • スイスのストローマン社(ストローマンインプラント)
  • アメリカのジンマーデンタル社(カルシテックインプラント)
  • スウェーデンのアストラテック社(アストラインプラント)

世界4大インプラントメーカーのインプラントの価格は高額ですが、品質も良く、保証もしっかりとしています。価格の安いインプラントの中には、実績も浅く、安全性も確認されていないものもあります。インプラント治療の際は、長い実績や歴史のある世界4大インプラントメーカーのインプラントを選んで頂くことで、より安心して治療を受けていただくことができます。

インプラントの種類
最新情報をチェックしよう!

大分インプラント情報の最新記事8件