過去相談して「インプラントが出来ない」と言われた方。歯科医院選びで悩んでいる方へ最新の情報を配信しています。
インプラントと差し歯の違い

インプラントと差し歯の違い

歯を補填するための治療法として、差し歯治療は昔からおこなわれています。この差し歯ですが、インプラントとはどう違うのかと疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。一見すると似ている差し歯とインプラントの違いをご説明いたします。

インプラントとは

インプラントは、歯を歯根ごと全て失った場合に適応される治療法です。急な事故や怪我、虫歯や歯周病によって歯を失った際にインプラント治療をおこなうことで、失った歯の機能を取り戻すことができます。しかし逆に、まだ歯質を残せるような症例の場合は、インプラントは適応されないのです。なぜならばインプラントには、人工歯根であるインプラント体が含まれているからです。インプラントは失った歯の部分の顎の骨にインプラント体を埋入し、骨とインプラント体がしっかりと結合する期間を経てから、上部構造(人工歯とアバットメント)を取り付けることで歯を補填する治療です。

差し歯とは

差し歯もインプラントと同じように人工歯を使用しますが、人工歯根がありません。虫歯などで歯冠の大半が失われてしまった状態でも、歯根が残っていれば歯根部分に金属やプラスチックの土台を差し込んで、レジンやセラミックなどの人工歯で補填します。インプラントと差し歯は、見た目や機能は非常に近いのですが、治療方法は全く異なります。

インプラントと差し歯の違い

費用が違う

インプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)になるため、費用が高額になってしまいます。しかし差し歯は、保険適用できる素材を使用して治療をおこなうことができるため、費用を安く抑えることが可能です。しかし保険適用の差し歯は、時間が経つと変色したり、割れたりすり減ったりしやすいため、強く噛み合わせるところには使えなかったり、場合によっては金属のものを使用するため、金属アレルギーを引き起こしてしまう危険性もあるといったデメリットもあります。その場合、差し歯もセラミックなどの保険適用外の素材を使用することも可能です。

見た目が違う

インプラントは、見た目がほとんど天然の歯と変わらないくらい美しいため、前歯などの目立つ箇所でもほとんど気づかれることがありません。そのため人前で話したり、見た目を気にする職業の方でも安心です。しかし差し歯は被せ物の素材によって仕上がりは異なります。保険適用の素材の場合、時間が経つと変色したり、金属を使用した差し歯の場合、歯茎が黒く変色することがあるため、差し歯の部分が目立ってしまうことがあります。その場合、保険適応外の素材を使用することで、見た目の問題は改善することができます。

歯が残っているかいないか

インプラントの場合は、ご自身の歯が歯根ごと全て抜けてしまった場合におこなう治療法で、失った部分の顎の骨に人工歯根のインプラント体を埋込してから、人工歯を被せます。差し歯とインプラントの違いは、ご自身の歯が残っているか、いないかです。差し歯はご自身の歯が残っている場合におこなうことができる治療法で、歯根部分に金属やプラスチックの土台を立て人工歯を被せます。

治療期間が違う

インプラントは歯茎を切開して、顎の骨にインプラント体を埋入する外科手術を伴う治療です。そのため、安全で、かつ正確な位置にインプラント体を埋め込むために、事前にレントゲン撮影やCTスキャンなどの検査や、診断をしっかりおこない、虫歯や歯周病がある場合は先に治療をおこないます。また、インプラント体を埋入するための骨量が足りない場合は骨造成手術が必要となり、骨ができてからインプラント体を埋入する手術になるため、更に治療期間は伸びます。手術後はインプラント体が骨としっかり結合するために約2ヶ月~6か月の治癒期間が必要となります。インプラント体が顎の骨としっかりと結合したのを確認してからアバットメントと人工歯を取り付けます。治療期間は個人差がありますが、長くて1年ほどかかる場合もあります。

差し歯の治療期間は、まず歯の根の治療からかかります。差し歯の治療で一番回数がかかるのは、この根の治療といえるでしょう。個人差はありますが、根の状態がキレイな場合は2~3回の治療で済みますが、根が細菌感染をしている場合は3~8回程度の治療が必要となります。そこから金属やプラスチックの土台を立てて、被せ物の人工歯を作るので、最低でも1ヶ月半ほど、長くて3か月ほどの治療期間が必要になります。

まとめ

インプラントは費用が高く、外科手術を伴いますが、見た目はとても美しく仕上がります。また、メンテナンスをしっかりとおこなうことで長く使用することもできます。差し歯の場合は、保険適用されるれるので費用を安く抑えることができますが、見た目の問題や金属アレルギーを起こす場合もあります。

一度抜けてしまった歯は、二度と元に戻すことはできないため、差し歯かインプラントで迷っている場合は、治療を受ける前に大分県のかかりつけの歯科医院で相談することが大切です。

インプラントと差し歯の違い
最新情報をチェックしよう!

大分インプラント情報の最新記事8件